ESTHETIC 審美歯科・ホワイトニング

白く美しい歯を
目指す審美治療

審美歯科・ホワイトニング

「審美治療」は、外観の美しさや機能、耐久性などを追及できる治療です。
虫歯で詰め物・被せ物を作るとき、セラミックを使えば美しいうえに虫歯再発リスクも低減できます(保険適用できる素材やケースもあります)。また歯の着色が気になる人にはホワイトニングも提供しています。

当クリニックの審美治療

  • 白い詰め物・被せ物

    虫歯で削った箇所をセラミックなどの白い詰め物や被せ物で、ご自身の歯の色味に近くなるよう、仕上げていきます。

    白い詰め物・被せ物

  • ホワイトニング

    歯を削らず、薬剤の効果を使い、歯を白くしていくのがホワイトニングです。
    歯科医院で行う方法と自宅で行う方法があります。

    ホワイトニング

白い詰め物・被せ物

銀歯があることで見た目が気になって、口をあけて笑うことをためらう、という方が多数いらっしゃいます。
そんな時は、銀歯をセラミックの人工歯に変えるという対応策があります。セラミックなら美しく仕上がるのでコンプレックスが解消できます。保険の範囲でセラミックが使える場合もあるのでお気軽にご相談ください。

保険で適用できる白い歯

天然に近い白い歯は自費診療だけ・・・そう思われている方も多いと思います。
実は近年、歯の中でも部分的に保険適用できる「白い歯」があるのをご存じですか?
部位は上顎、下顎奥の歯の6番目、また条件付き7番目の歯も白くできます。素材はレジン(医療用プラスチック)とセラミックと合わせた「ハイブリッドセラミック」を使用することで、色味だけではなく耐久性も向上しました。

提供している素材

ハイブリッドセラミック

セラミックとプラスチックを混合した素材です。見た目の美しさもありますし、保険診療で使うプラスチック素材より強度が高い魅力があります。また、銀歯のように金属アレルギーを心配する必要がないのもこの素材のメリットです。

  • メリット

    • セラミックとレジンの混合素材のため、オールセラミッククラウンと比べ、割れにくい素材です
    • オールセラミッククラウンなどと比べ、比較的コストは抑えられます
    • 金属アレルギーの心配がありません
  • デメリット

    • 装着しているうちに、表面のツヤがなくなり、変色しやすい素材です
    • 装着していると歯ぐきに着色する場合があります(金属の影響)

ジルコニア

ジルコニアは人工ダイヤモンドに使用されるほど美しさと硬さを持つ素材です。歯科医療に使われるようになったのは比較的最近で、強い力がかかる奥歯にも使用しやすい耐久性があるなど優れた特徴を持っています。

  • メリット

    • 白く自然な透明感があり、装着している際の違和感がありません
    • 金属アレルギーの心配がありません
    • 長期使用した場合でも変色に強い素材です
    • 金属やプラスチックよりも強度があり安心して使用できます
  • デメリット

    • 強い衝撃を加えると表面が破折する恐れがあります
    • 2重構造でクラウンに厚みが出るため、歯を削る量が多くなる場合があります

e.max

セラミックにガラス繊維を混合して作られた素材なので、透明感が高い美しさを持っています。また、硬度が高いものの、硬過ぎる素材ではないので対合歯を痛めるリスクが少なく、お口全体の健康維持に役立ちます。

  • メリット

    • 金属を使用していないため、金属アレルギーの心配がありません
    • プラークが付きにくい素材なので、口腔環境を清潔に保てます
    • 変色しにくく、天然歯に近い色合いや透明度を持つことから、自然で美しい仕上がりになります
    • 天然歯に近い硬さを持つため、噛み合う歯にかかる負担を軽減できます
  • デメリット

    • 保険が適用できないため自費診療となります
    • 天然歯のような透明感や色合いの再現が難しいため、見た目に違和感を覚える可能性があります
    • e-maxに強い力がかかると割れてしまう恐れがあるため、歯ぎしりや食いしばりが癖になっている患者さんにはお薦めできない場合があります

セレック

セレックはお口をスキャンして非接触で型取りを行い、3Dデータからコンピュータ上で詰め物・被せ物を設計し、データから加工までを行う一連のシステムです。外部の技工所に型を移送する手間がないので、治療完了までの期間を短縮できます。また、精度の高さも大きなメリットです。

  • メリット

    • 人体との親和性が高く、金属アレルギーの心配がありません
    • 透明感があり、天然歯に近い見た目に仕上がります
    • 従来の治療法に比べ、詰め物や被せ物を短期間で製作できます
    • 従来の治療法に比べ、費用を抑えられるケースがあります
  • デメリット

    • 治療する歯によっては、健康保険を適用できず自費診療になります
    • 治療箇所によっては周囲の歯と色に合わせるのが難しい場合があります
    • 天然歯と近い強度を持つ素材は、経年劣化により割れる・欠ける可能性があります

ホワイトニング

歯の着色で、周囲の人からの目線が気になっている方は多数いらっしゃると思います。
ホワイトニングは歯を削ることなく薬液の作用で歯を白くできるので、気軽に取り組みやすいメリットがあります。当クリニックでは2種類の施術を用意していますので、ライフスタイルに合わせて選択可能です。

オフィスホワイトニング

歯科医院で行うホワイトニングで、ホームホワイトニングに比べると早く白さを実感できます。
その理由は、歯科クリニックで施術するので薬事法の関係上、濃度が高い薬液を使用できることと、専用の光照射機で効果を促進できることにあります。また、施術をプロに任せることができるので、安心感があるのも特徴です。当クリニックとしても、直近にイベントを控えている方にはオフィスホワイトニングをおすすめしています。

  • メリット

    • 医師が施術を担当するので、ムラが少ない仕上がり
    • 1回の施術でも、ホワイトニング効果を発揮しやすい
    • 色戻りがしにくい
  • デメリット

    • ホームホワイトニングに比べ、患者さんによっては料金が割高に感じる場合があります
    • 歯の白さを保つには、繰り返しの来院が必要になります
    • 薬剤を使用する際、痛みを感じたり、しみたりする場合があります

ホームホワイトニング

それぞれの患者さん専用に作製したマウスピースを使って、ご自宅で行うホワイトニングです。
オフィスホワイトニングより低濃度の薬液を使うので、白くなるまでに日数はかかります。その一方、色戻しにくいメリットがあります。マウスピースを保管しておけば、白さが薄れてきたときに自分の判断で薬液を買い足してホワイトニングを再開できるのも大きな利点です。

  • メリット

    • ご自宅でできるのでライフスタイルに合わせやすい
    • ホワイトニングの効果が持続しやすい
    • オフィスホワイトニングに比べ治療費が安い
  • デメリット

    • オフィスホワイトニングに比べ、薬剤の濃度を抑えているため、効果が見られるまで時間がかかります
    • オフィスホワイトニングに比べ、一回の使用時間が長くなります
    • ホワイトニング期間中、歯に色移りしやすい飲食物に気を付けなくてはなりません
ページトップへ